この島の平和を本気で願ってるんだよ!-伊豆大島日記-

食べ物と生き物と自然とハロプロが好きな社会人による伊豆大島暮らしの日常

神火、大島を生んだ活火山(三原山ー概要編ー)

令和2年12月12-13日。

 

寒いと室内の暖房が気持ちよくて、寝不足だとふいに眠くなってしまいますよね。

コーヒーが苦手なのですが、最近飲み始めました。お腹がグルグルになっちゃいますけど…眠気を寄せ付けずに仕事ができるならいいかなぁと。 

 

前回紹介した三原山に登ってきたので

そのレポートを書きます!

 

TOPIC No.131-2

三原山ー登山編(山頂遊歩道)ー

良い天気に登ったときのレポートです。

まずは大島一周道路から、三原山登山道路に入り、この展望台駐車場(バス停)まで到達することができます。

※なお、元町から登ることのできる御神火スカイラインは昨年の台風の影響により、現在も整備中・通行止めです。注意です!

f:id:kurashiisland:20201220142019j:plain

駐車場はわりと広い20台くらいはいけるかな(枠を度外視すれば)

f:id:kurashiisland:20201220142413j:plain

バス停 休憩所にもなっており、ガイドやトイレもあります

f:id:kurashiisland:20201220142505j:plain

駐在所もあります 有事の際には駆けつけることができるのだと思います

 

ここからスタート!

f:id:kurashiisland:20201220142702j:plain

いざ、山頂アタックです!!

今回はタイトルにもあるとおり、数あるハイキングコースの中から最もスタンダードな「山頂遊歩道」を歩いて山頂(火口のある外輪山)を目指します。

 

f:id:kurashiisland:20201220142822j:plain

ハイキングマップ(大島温泉ホテルHPより引用)

 

 

f:id:kurashiisland:20201220143434j:plain

うわぁ長い道のりだ

あの山まで登ることができるのですが、果てしない…

自分があそこまで登っている姿を想像できない!!

大丈夫かな…と少々怖気づいてしまいますが、ここまで来たら登るしかありません。

 

道中、写真を撮り損ねましたが、基本コンクリートで舗装されているので、スコリアなどで足場が不安定なわけではありません。そこは安心を。

 

f:id:kurashiisland:20201220143908j:plain

こうして冷えて固まった溶岩を間近に見ることが可能

歩いている最中、両サイドにはこのような溶岩がたくさん。

規制線の無いところであれば、直接触って、手触りを味わうことも可能です。

大地の力を感じろ!その手で!!!

f:id:kurashiisland:20201220144049j:plain

噴火した際に逃げ込むためのシェルターもあります

噴火の教訓が生かされている人工物のひとつ、シェルターです。

命を守るための設備を見ると、「そうか今登っている山って火山なんだね…」

と現実に引き戻されます。

 

…と、遊歩道の途中でこんなものを見つけました。

f:id:kurashiisland:20201220144536j:plain

1986年溶岩流先端部

この地点は、だいたい遊歩道の中間地点あたり。

1986年の噴火はここまで来ていたのですね。凄まじいです。

 

f:id:kurashiisland:20201220144749j:plain

ここまで来ていた名残があります

f:id:kurashiisland:20201220144854j:plain

上からここまで溶岩が…!

さぁ、どんどん登ります。

f:id:kurashiisland:20201220145004j:plain

スロープから見る景色。中央より少し右にはさっき登り始めた地点が小さく見えます

おおおおおおおおおい!絶景!

空と海、混ざったような景色です。いいグラデーション。

ちなみにここまでだいたい20分ほどくらい。

もっと溶岩や植生について事細かに見物していくともう少し時間はかかると思います。

(筆者は歩くのが早いのであまり参考にならないかもです)

 

間もなく山頂。

ここからは噴火の痕跡を目で見ることのできるカルデラが待っています。

阿蘇山カルデラの画像とか見たことあるけど、三原山のはどんなだろう…?

 

 

 

この続きは次回の記事で。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

三原山」はコチラ!

ーーーーーーーーーーーーーー 

さて、明日も頑張っていきます。🐟

 

 

本日のハロプロソング ― ハロプロ研修生 feat. Juice=Juice『天まで登れ!』