この島の平和を本気で願ってるんだよ!-伊豆大島日記-

食べ物と生き物と自然とハロプロが好きな社会人による伊豆大島暮らしの日常

2021-01-23から1日間の記事一覧

祝鯛、十日戎に景気づけ(たい焼きカフェ&ゲストハウス東京梵天ーめでたい焼き)

令和3年1月9-11日。 つかの間の3連休。緊急事態宣言の再発令もあって、島内で過ごしました。 にしても、1月の1週目は光の速さで過ぎていった… 序盤から飛ばしすぎ注意ですね。ガス欠にならんように気を付けないといけないです。 TOPIC No.129-2 「たい…

連動、コラボが生んだ絶品(島のアイスクリーム屋 トリトン―あん娘さんアイス―)

令和3年1月8日。 寒いのにアイス、暑いのにラーメン。 季節とは真逆なものを食べたくなるときってありますよね。 温泉に入って体が温まったところで、この現象が発生。 あ~アイス食べたいなとなっちゃいまして、またまたトリトンさんにおじゃましました…

金蛇、愛らしいフォルムで(ニホンカナヘビ)

令和3年1月7日。 今日は七草粥の日! セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ… 七草粥は中国から伝わったものです。7日に「七種菜羹(しちしゅのさいこう)」というあたたかな汁物を食べて、その年の無病息災を願う風習がありま…

秀歌、力強い声に恋の歌(楽曲『アンコ椿は恋の花』歌碑)

令和3年1月6日。 波浮港は、その火口湖由来の珍しい風景、そして栄えた港ということもあり、様々な映画、小説や名曲の舞台になってきました。 以前には川端康成『伊豆の踊子』のことを交えながら紹介したこともありました。 kurashiisland.hatenablog.com…

平六、波浮港開港の立役者(秋廣平六翁之像)

令和3年1月5日。 カラッと冬晴れした波浮港見晴台。 その見晴台には、こんな銅像が設置されていました。 波浮港を見下ろすような仕草 これは誰なんだろう。波浮港に縁のある人物? TOPIC No.138 「秋廣平六翁之像」 近くにあった「波浮の港」と書かれた説…